« これさえ知っていれば英語なんて簡単!偏差値30台から1ヶ月で70を突破 | トップページ | TOEICのスコアを伸ばす3つの重要なポイントとは »

最短で英語耳になる方法とは

最短で、リスニング力をつけるにはどうすれば良いのでしょうか?

それぞれの言語には、それぞれ異なった数の母音や子音の音があります。

日本語と英語は、かけ離れた言語で、英語には、日本語にない音がたくさんあるので、まずは日本語にない英語の音を身につける必要があります。

この作業をしないと、英語の音を聞いた時に、脳は、その音に似た日本語の音に置き換えて英語を聞き取ろうとしてしまいます。

また英語の音を発音しようとする時も同じです。

日本語にない英語の音を発音しようとする時には、その英語の音に似たカタカナ英語で発音しようとするので、日本人の英語は、ネイティブに通じない英語になってしまっているのです。

リスニング力を身につける近道であり秘訣は、英語発音を学ぶことなんです。

しっかりとした発音が身についてくると、不思議と英語の音も聞き取れるようになってきます。

「英語の初心者ですが、発音の勉強をしても大丈夫ですか?」という質問をよく受けます。

私は、英語発音を勉強するのに、英語初心者でも問題ないと思います。私の経験から英語発音を学ぶのは、早ければ早いほど良いと思います。

なぜなら、発音を学ばないと、いつまでたってもカタカナ発音のままだからです。

音読は効果のある英語学習法ですが、音読をするにしても、カタカナ発音で音読の学習をしていても効果が薄いのです。

そして、自分が発音できない音は、聞き取ることもできないので、なかなかリスニング力も上達しないでしょう。

リスニング力を上げるには、リスニング学習を行うだけでなく、発音の学習もあわせて行うととても効果的です。

そして、リスニング学習を行う際には、自分のレベルに合った教材を使ってリスニング学習を行うようにして下さい。

最後に、もう一つリスニングの秘訣をお話します。

それは、日本語と英語の周波数の違いです。日本語と英語では、周波数も大きく違います。

子供の頃には、日本人も英語の周波数を聞き取ることができますが、日本人の大人の耳は、英語の周波数をうまく聞き取ることができません。

では英語の周波数はどうやって身につければいいのでしょうか?

実は、大人になってからでも、子供のようなヒアリング能力を取り戻すことができ、英語の周波数を聞き取ることができるようになる方法があります。

それは、英語のヒアリングが苦手な日本人のためにアメリカ人言語学者のスコットペリー先生が開発したリスニングパワーTOEICという教材を使ってリスニング学習を行うことです。

この教材には、大人になった日本人でも英語の周波数を聞き取ることができるような英語耳を育成できるように設計されています。

20年間以上、日本人に特化して英語の発音を教えてきた世界的な発音のスペシャリストのスコットペリー先生のリスニングパワーTOEICを30日間、聞き流す学習法をしてみて下さい。

そして、2週間後に字幕無しで映画を観て効果を実感してみて下さい。

あなたもこの教材を使って学習し、最短で英語耳を手に入れて下さい。
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」

|

« これさえ知っていれば英語なんて簡単!偏差値30台から1ヶ月で70を突破 | トップページ | TOEICのスコアを伸ばす3つの重要なポイントとは »

リスニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/291750/31156063

この記事へのトラックバック一覧です: 最短で英語耳になる方法とは:

« これさえ知っていれば英語なんて簡単!偏差値30台から1ヶ月で70を突破 | トップページ | TOEICのスコアを伸ばす3つの重要なポイントとは »