« バイリンガルになるまでの軌跡 | トップページ | 独学で英語をマスターした秘訣とは »

英語耳を手に入れバイリンガルになる方法とは

「30日で英語耳になる方法」についてお話したいと思います。

私もこの方法で「英語耳」を手に入れ、そしてバイリンガルになることができました。

私が英語耳を手に入れた方法とは・・・
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」

人間は、生まれてから3才くらいまでは全ての音を聞き取ることができ、4才を過ぎてからもまだ全ての音を聞き分けることができます。

でも、言語に敏感な4才~11才までの間に育った環境で、言語への適応能力が決まってしまうと言われています。

そして、12才を過ぎてしまってからは、英語をいくら聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。

つまり、12歳になるまでの生まれ育った環境で英語のスキルはほぼ決まりますが、米国の言語学者スコットペリーが遂に、その「壁」を取り払うことに成功しました。

実は、アメリカ人言語学者のスコット・ペリー先生が「今までの常識」をくつがえしました。

スコット先生は、日本人に15年間、英語を教えながら、常にどうすれば日本人が、日本語にない英語の音を聞き取れるかということを研究してきました。

そして、他の言語学者、医学博士、語学講師、サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て、リスニングパワーという日本人のための英語耳育成プログラムを開発しました。

短期間繰り返しリスニングパワーを聴くと、子供の頃から眠っていたヒアリング能力が目覚めます。

リスニングパワーは、様々な英語特有の発音に焦点を当てています。

英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、英語を速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視しています。

リスニングパワーを聞くことで、普段、日本語の音に慣れている日本人の耳を2週間で集中的に鍛え、英語耳にします。

30日間、リスニングパワーを聞き流すだけでも、今まで聞こえなかった英語の音が耳に入って来る感覚を体感することでしょう。

なぜリスニングパワーを聞き流すだけで、大人になってからでも英語耳ができるかというと、実はその秘密は「周波数」にあります。

英語と日本語では周波数が異なります。

日本語の周波数は、英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがないのです。

ヨーロッパ人など他の民族に比べて日本人が英語に弱い理由は、日本語の周波数にあったのです。

■「英語耳」を手に入れたプログラム実践者のお喜びの声をご覧下さい。

=====================================

【神奈川県 平野 順子様】

リスニングパワーTOEICの教材が届いた当日に、1時間くらい試してみました。これで本当に英語が聞き取れるようになるのかなー??でも、よく出来ている教材だなぁー(英文科卒なので・・・)と思いながら、CDを聞きました。

その日の夜に、映画の「LOST」を見ました。そしたら何故か、いつもより英語をスムーズに聞き取る事ができました。

いつも映画を見る時は、英語を聞き取りながら字幕を見ています。いつもなら聞き取れない英語も聞き取れるようになりました。

リスニングパワーで勉強+映画でリスニングがオススメです。

【T・T様 男性】

リスニングパワ-が届いて10日になりますが、毎日CD1を1時間ほど聴いています。そして今日初級用テキストパスポ-トを聴きましたが、よく聞き取れるんです。あれ!不思議!英語耳になりつつあるのかな?変化しているようで感激しました。

【A・S様 女性】

毎日、通勤中にリスニングパワーをipodで聞き流しながら本を読んでいます。リスニングパワーを集中して聞いているわけでなく、約2週間、通勤中にBGMとして聞いているだけなのに効果がありました。

英語のオーディオセミナーを聞いた時に、今まで聞きとれなかった講義が、突然耳に入って来て理解できました。

潜在意識に働きかける能力開発ツールとして、本当に効果があるものだと身をもって体感できました。今でも朝、低い音量にして聞き流しています。

=====================================

あなたもリスニングパワーを聞き流せば、30日で英語耳が手に入るということがわかっていただけたと思います。

あなたも2週間リスニングパワーを聞き流してみて下さい。そして、2週間後に字幕なしで洋画を見て、2週間でどれだけ英語が聞こえるようになったかを実感して下さい。

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」

アメリカ人言語学者のスコット先生は、英語発音を日本人に20年以上教えている英語発音の第一人者です。

今なら先着30名様限定で、スコット先生のメールサポートを受けることができます。

スコット先生の「リスニングパワー」+特別特典「プライベートレッスン攻略マニュアル」+スコット先生のメールサポートを手に入れるにはこちらへ
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」

|

« バイリンガルになるまでの軌跡 | トップページ | 独学で英語をマスターした秘訣とは »

TOEIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語耳を手に入れバイリンガルになる方法とは:

« バイリンガルになるまでの軌跡 | トップページ | 独学で英語をマスターした秘訣とは »